企業情報

沿革

1916年の創業以来、物理療法機器のパイオニアとして
技術革新に挑み続けています。

1916年(大正5年)

東京医学電気株式会社を創業

創業者 伊藤賢治、わが国最初の「交流式レントゲン装置」などを開発

1920年(大正9年) 紫光線治療器「ラジオレーヤー」を開発
1924年(大正13年) 日本で最初の無線技術専門誌、『無線と実験』を創刊(現在は誠文堂新光社刊)
1931年(昭和6年) 日本初の「ネオン管式テレビ」を試作
1934年(昭和9年) わが国初の医療用大型超短波治療器を製作・発売
1935年(昭和10年) 火花式高周波発振器による「電気メス」を製作
1936年(昭和11年) 家庭用小型超短波治療器「自の魂」を製作・発売
1946年(昭和21年)

伊藤超短波研究所株式会社を創設

「病院用心電計」、「脳波計」、「胃電計」、「分光光度計」、「光電比色計」、「炎光光度計」、「pH計」などを製作

1950年(昭和25年) 「低周波治療器」を開発
1957年(昭和32年) 伊藤超短波株式会社と改組
1971年(昭和46年) 東京都練馬区に新社屋完成
1973年(昭和48年) イトー付属療院を開設
1977年(昭和52年)

超小型低周波治療器「ドクター・パルス」を開発

貿易事業が本格化し、世界各国に進出

1989年(平成元年)

筑波工場完成

国産初の骨癒合治療器を開発

1993年(平成5年) 新タイプの家庭用総合治療器「はるかぜ」を開発
1994年(平成6年) 上海(中国)事務所を設立
1998年(平成10年)

ハノイ(ベトナム)事務所設立

世界初超小型3モード一体型刺激装置を開発

世界初業務用インバータ・パルスマイクロ波治療器を開発

ISO 9002認証取得

1999年(平成11年)

スポーツサポートをスタート

ISO 9001認証取得

2000年(平成12年) 国産初電気筋肉刺激装置「ツインビート・EMS」を開発
2001年(平成13年)

電気筋肉刺激装置「ツインビート2」を開発

国産初0.8MHz超音波治療器を開発

ISO 13485認証取得

2003年(平成15年) 筑波工場、ISO 14001を認証取得
2004年(平成16年) 筑波工場内に信頼性管理センターを設置
2005年(平成17年) パルス式家庭用超短波治療器「ひまわりSUN2 デュオ」、「ひまわりSUN2」を開発
2006年(平成18年) イメージアスリートに野村忠宏選手が就任
2007年(平成19年)

「高周波・負電荷治療器 スーパーわかば」を開発

日本初高周波・負電荷美容器「美アニオン」を開発

2009年(平成21年) マイクロカレント専用超小型低周波治療器を開発
2010年(平成22年) 中周波を採用した電気筋肉刺激装置「ツインビート3ターボ」を開発
2012年(平成24年) 2周波超音波とLIPUSを搭載した超音波治療器を開発
2014年(平成26年) 「スーパーひまわり」、「myはるかぜ<DX>」、「ツインセラピー」を開発
2015年(平成27年) イメージアスリートに岩隈久志選手が就任
2016年(平成28年) 創業100周年を迎える

PAGE TOP