痛み・悩み解消

重い・・・肩こりでお悩みの方

肩こりでお悩みの方に合った電子エネルギー

  • 高周波
  • 負電荷
  • 超短波
  • 超短波(マイクロ波)
  • 低周波

高周波とは

高周波は絶縁物を隔てて、7万ヘルツの周波数を持つ高い電圧を人体に作用させる治療法で、電床マットの一部しか人体にあたっていなくても、全身を包むように電界ができます。これを高周波の「表皮効果」といいます。

そしてこの表皮効果によって体表温度が1~3℃上がります。乾布摩擦は特定のところを摩擦する方法ですが、高周波による電子摩擦は全身のツボを刺激します。

負電荷とは

負電荷とは電子のことで、「e-」とあらわします。負電荷とプラスのイオン(原子または分子)が結びつくと中性の原子または分子になります。さらに中性の原子・分子に負電荷が結びつくとマイナスの原子・分子になり、負電荷により体内で「中和反応」と「イオン反応」が促進されます。

負電荷療法により、手首の導子からマイナス電子を注入すると、マットのプラス極に引き寄せられ、マイナス電子が効率よく身体に作用します。

電位(高周波・負電荷)の効果

  • 頭痛の緩解
  • 肩こりの緩解
  • 不眠症の緩解
  • 慢性便秘の緩解

電位(高周波・負電荷)の機能を持つ製品

超短波とは

細胞を温めて体の機能を高め、病気や症状の改善をする治療法を温熱療法といいます。ホットパックやカイロなどはそれ自体が熱を持ち、皮膚を通して徐々に内部に伝わっていき、これを「伝導加温」といいます。

超短波とは、一秒間に2,700万回もプラスとマイナスの極性が入れ替わる、電波を利用した治療法です。超短波によって細胞内外の分子が回転し、摩擦を起こし発熱します。その結果、超短波導子は温かくないのに、体の奥深くから心地よい温感が伝わってきます。これを「立体加温」といいます。

ホットパックやアンカなどをあてると、体の表面しか温まりませんが、超短波は体内深部まで温めることができます。超短波の立体加温による温めは、血液循環の改善に効果があり、痛み(神経痛・筋肉痛)が緩解します。

また、血液の流れが良くなり、疲労物質が代謝され、筋肉のこりを緩解します。そのほかにも胃腸が活発になる、疲労回復といった効果があります。

  • 赤外線、ホットパック赤外線、ホットパック赤外線やホットパックでは体内加熱浸透度は0.5~3ミリ
  • 超短波超短波体の深部を穏やかにじっくり温めます

超短波の効果

局所の温熱効果

  • 神経痛・筋肉痛の痛みの緩解
  • 血行をよくする
  • 胃腸の働きを活発にする
  • 疲労回復
  • 筋肉のこりをほぐす
  • 筋肉の疲れをとる

超短波の機能を持つ製品

超短波(マイクロ波)とは

マイクロ波は、超短波と似た作用ですが、超短波より100倍くらい周波数が高く(2,450MHz)なっています。
波長が短く、体表に近い部分の加温に適しており、膝や肘の治療によく使われます。病院で使われている治療器を家庭用にコンパクトに使いやすく工夫したものです。

  • 使用イメージマイクロ波

超短波(マイクロ波)の効果

超短波による局所の温熱効果

  • 神経痛・筋肉痛の痛みの緩解
  • 血行をよくする
  • 胃腸の働きを活発にする
  • 疲労回復
  • 筋肉のこりをほぐす
  • 筋肉の疲れをとる

超短波(マイクロ波)の機能を持つ製品

低周波とは

電気的な刺激に敏感に反応する神経に作用します。マヒした筋肉の萎縮の予防や神経痛、筋肉痛、筋肉疲労に効果的です。

低周波の効果

  • 肩こりの緩解
  • マヒした筋肉の萎縮の予防
  • マッサージ効果(疲労回復、筋肉のこりをほぐす、神経痛・筋肉痛の痛みの緩解、血行をよくする、筋肉の疲れをとる)

低周波の機能を持つ製品

健康セミナーに参加しませんか?

何種類も機器があって、どれが本当に私に合うのかが分からない。

あなたの悩みを解決するために、あなただけの治療法を見つけましょう。 きっとあなたの悩みを解決する力になります。症状別の詳しい治療症例を
まじえて楽しく前向きにお話しさせていただきます。
健康セミナー情報はこちら

PAGE TOP