企業情報

事業概要

メディカル事業部

物理療法の新しい可能性を追究しメディカル領域の幅広いニーズに対応

メディカル事業部

メディカル事業部では現在、全国9拠点に営業所を設置しています。主に接骨院、整形外科などリハビリテーション関連の開業医院・総合病院などの医師や歯科医師、理学療法士、柔道整復師など、有資格者の方々を対象に業務用機器を開発・提供しています。また、スポーツトレーナーへの機器の提案やアスリートのサポートも積極的に行い、試合会場や練習場で使える小型製品の開発にも注力。医療、福祉、スポーツ分野の進歩に合わせて、常に最新機器の研究・開発に努めています。

EBMを確立し、信頼性の高い製品を提供するため大学や研究機関との協力体制を強化

医療技術が日進月歩で進化する現代、物理療法分野においてもEBMの研究は必要不可欠です。伊藤超短波はいち早くその潮流を捉え、国内外の大学や研究機関と協力する産学共同 研究の態勢を整えてきました。その研究成果はこれまで多くの学会で発表され、各医療分野の 製品開発にも反映されてきました。物理療法の価値を高め可能性を広げる重要な取り組みです。

医療関係者向けサイトはこちら

ヘルスケア事業部

家庭でも安心して使用できる治療器と健康への理解を深める情報を提供

ヘルスケア事業部

ヘルスケア事業部では“自分の健康は自分で守る”というセルフメディケーションの考え方を基本に、安全で快適な家庭用治療器の開発に努めてきました。業務用分野で培った確かな技術とノウハウを活かし、効果性の高い機能を備えた家庭用治療器をご提供しています。全国11ヶ所に拠点を設け、多くの販売店と協力して治療器をお届けすると共に健康に関するさまざまな情報も発信。きめ細かいサポートで物理療法機器の効果を普及しています。

全国の営業拠点を中心に各種セミナーやミニ相談会、イベントなどを開催

お客様に治療器の効果を知っていただくためには、物理療法とは? 超短波とは? という基本的な知識をご提供する必要があります。このためヘルスケア事業部では各種セミナーやミニ相談会、イベントなどを全国的に開催。電気治療器の正しい使い方や物理療法の知識を販売店やエンドユーザーの皆さまにご紹介しています。また事業本部には「イトー付属療院」を併設しており、実際に機器を使っての治療やご相談にも応じています。

健康セミナーに参加してみませんか

海外事業部

世界の市場で高く評価される信頼と品質の「ITO」ブランド

海外事業部

伊藤超短波は物理療法業界でもいち早く海外市場に着目し、積極的な海外進出を果たしてきました。毎年「MEDICA」をはじめ、数多くの展示会に出展することでその認知度を拡大しています。取引国のニーズを的確に捉えた製品が高く評価され、現在では世界100ヶ国以上の国々へ業務用機器を輸出しています。また、これまでに築きあげてきたネットワークを通じて海外の学術・医療情報の収集を行い、製品にフィードバックすることも大切な役割です。

欧米の厳しい基準や規格もクリアし確かなクオリティで飛躍的に発展

ITOの機器は欧米におけるCEマーキング・FDA・UL(ETL)などの厳しい基準をクリアしています。また、機能・品質・デザインすべてにおいて高い評価を得ています。1996年の「MEDICA」初出展の際には、「TENS+EMS+MCR」の3モードを搭載した超小型電気刺激 装置が大人気となりました。さらにどこよりも早く中国、ベトナムに現地事務所を開設しアジア市場においても幅広く活躍しています。近年は、リハビリテーションの総合コンサルティングや治療技術者の育成にも力を入れています。

Englishサイトはこちら

企画・開発事業部

EBMをベースにした確かな製品をニーズを満たすOEM製品として多彩に展開

企画・開発事業部

当社の製品はそのままご提案することはもちろん、お取引先のご要望に合わせて仕様変更し、OEM製品としてご提供することも少なくありません。また、販売チャネルの拡大に伴うニーズの多様化にも、EBMに基づく確かな製品づくりで対応してきました。共同開発のケースも多く、そのためお取引先とは常に良好な信頼関係を築いています。健康への関心がますます高まる現代、新しい市場、新しい分野へのさらなる躍進を目指しています。

メイン商材として活躍する物理療法機器を企画・提案

企画・開発事業部では、お取引先のさまざまなニーズを把握するために、きめ細かいコンサルティングを行なっています。開発部や学術部などとも連携し、意見交換を重ねながらどの販売チャネルにどのような製品をご提案するかを決定していきます。治療器とは直接繋がりのないお取引先においてもメイン商材として活躍する企画を提案し、多様なニーズに対応する的確な製品をご提供しています。

OEM・PBについて詳しくはこちら

メビコ・ジャパン事業部

業務用・家庭用美容機器からOEM製品の企画・製造まで幅広く展開

メビコ・ジャパン事業部

メビコ・ジャパン事業部は伊藤超短波のグループ会社であった「株式会社ジャパンエステティック協会」を前身とし、美容分野で培ったデータと、歴史ある物理療法機器のノウハウを併せ持っています。このため製品の企画から製造までを事業部内で行うことができ、お客さまのニーズに合わせたOEM製品も積極的にご提案しています。現在は全国のエステティックサロンや美容医療クリニックを中心に事業を展開。業務用から家庭用まで幅広い美容機器を提案・販売しています。また独自に開発した美容システム「TSS」を用い、サロン開設支援や技術者育成セミナーなどのサポート体制も整えています。

※「TSS」とはトライアングルステップシステムの略で、マイクロ波で深部まで温める「スーパーサーモ」、バキュームローラーによる吸引・揉み出しを行う「スーパーセルム」、幅広い筋肉運動効果を発揮する「ボディセラプロ」や「シェイプEMSプロ」を組み合わせた3つのステップによるボディケアプログラムです。このシステムを学べるセミナーも随時開催しています。

サロン独自のニーズに応えるOEM製品のご提案

エステティックサロンがその独自性を発揮するためには、対象とするお客さまのニーズに合わせた製品開発が不可欠です。メビコ・ジャパン事業部ではサロンの求める機能に対応した魅力あるOEM製品をご提案しています。

メビコ・ジャパン事業部サイトはこちら

PAGE TOP