企業情報

会社案内

新たなる100年に向かって

その人のために、技術がある

伊藤超短波は1916年に創業し、物理療法機器のパイオニアとして100年の歴史を歩んできました。創業者である伊藤賢治が物理療法を独自に研究し、日本初の超短波治療器を開発して以来、当社は数多くの物理療法機器を開発してきました。その過程で機器の性能や安全性にこだわってきたのはもちろん、どこよりも早くEBM(Evidence-based medicine: 根拠に基づく医療)の確立を目指してきました。今や医療機器メーカーにとってもEBMの裏付けは必要不可欠です。その高い信頼性と技術力とが融合され、伊藤超短波の治療器は医療やスポーツ分野における専門治療にも幅広く用いられています。また家庭用機器の分野でも一般の方々が安心して使える効果的な製品をご提供してきました。海外展開も積極的に行い、その成果が実って「ITO」ブランドは海外でも確実に知名度を上げています。

私たちはこれから先も新たな100年に向けて、次なる飛躍と発展の第一歩を踏み出します。

100周年 特設サイトはこちら

創業者の遺訓 「菩薩行」

創業者 伊藤賢治
創業者 伊藤賢治

菩薩行とは「利他の心」。
すなわち、自分のことよりも
他人の幸福を願うことです。

創業者 伊藤賢治は
治療器で多くの人を救いたいという一心から
この言葉を理念として掲げました。

決して嘘をつかず
治療器を通じて社会に貢献すること。
それが私たち伊藤超短波の使命であり
揺るぎない経営哲学であると考えています。

優れた技術が、スポーツの世界でも貢献

当社は長年、アスリートの治療やコンディショニングをサポートする「スポーツプロジェクト」に取り組んでいます。このスポーツプロジェクトの歴史が始まったのは1999年のこと。当時から関係の深かった柔道競技を中心に機器によるサポートを開始しました。その活動は次第にスポーツ界全体に浸透し、2008年北京、2012年ロンドンとサポートする競技の数も増え続けました。今では柔道、レスリング、サッカー、陸上…その他多くの日本代表選手や代表チーム、各種競技団体の活躍を支えています。2013年の野球の国際大会においても日本代表チームをサポートし、伊藤超短波はスポーツの現場になくてはならない物理療法機器メーカーとして認められるようになりました。ケガのリスクを軽減するためにコンディショニングをサポートすること。そして万が一の場合にもできるだけ早い回復を目指し、選手のベストパフォーマンスを導きだすことがスポーツプロジェクトの目的です。世界が注目する大舞台の陰で、私たちはアスリートの果敢な挑戦を応援しています。

  • 野村忠宏さん

    ブランドアンバサダー
    柔道家 野村忠宏さん

  • 岩隈久志さん

    イメージアスリート
    野球選手 岩隈久志さん

  • 前田健太さん

    イメージアスリート
    野球選手 前田健太さん

  • 野村忠宏さん

    イメージアスリート
    柔道家 野村忠宏さん

  • 岩隈久志さん

    イメージアスリート
    野球選手 岩隈久志さん

  • 前田健太さん

    イメージアスリート
    野球選手 前田健太さん

PAGE TOP